FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人のご主人と:6

由紀子さんが買い物からそろそろ戻る頃なのに、私はリビングのソファーで細田さんに抱き締められ、合わせた唇から差し込まれる舌を受け入れていました。
背中越しに抱き締められ乳房を触られた時には、拒絶しようとしていたのに、激しいキスに陶酔している自分をどうすることもできませんでした。

細田さんは、私が舌を絡めかえしてきたことで私の心の変化を感じたのでしょう、私のスカートを捲り、パンティーの中に手を差し込んできました。
恥ずかしいことにキスだけで、私の女の部分はすでに十分潤いに満ちていたのです。

「アッ・・・、だめよ・・・。」
そして、指先が届きます。

「静江さん、もうグチョグチョじゃないか。」
「ア、アン・・・、そんなこと言わないで。」
「ここは正直だね。静江さん、僕のが欲しいんですね。」

そう言うと、細田さんはパンティーの中から手を引き抜き、私のパンストとパンティーを一気に脱がしてしまったのです。
「だめよ、困るわ!! もう帰って来ちゃう!!」
「大丈夫ですよ。あいつ買い物はいつも時間かかるから。静江さん、僕の見てくださいよ。もうビンビンですよ。」

そう言いながら細田さんは立ち上がり、ベルトを外し、ズボンのファスナーを降ろし、トランクスを太腿までずり降ろしました。
私はいきなり硬くなりピクピク波打つように動いているペニスを明るい照明のもとで見せられ、何も言うこともできず驚くばかりでした。
私は、スカートの裾を直しながら、どうしよう・・・と思ったのですが。

考えている間もなく、私の上には細田さんの体があり、身動きできないほど強く抱きしめられていたのです。
そして、スカートが捲り上げられ、私の太腿が大きく開かれ、その間に何も身に着けていない細田さんの下半身が入ってきました。
「ねえ、今日はだめよ。また今度にして、お願い!!」

細田さんはだまって私を見つめていました。
そして・・・。
「アッ・・・、アッ、だめぇ~~~~。」
細田さんのペニスが私の膣口をとらえ一気に奥深くまで入ってきたのです。
「静江さん、いいよ。やっぱり生は最高だよ。」
「アッ、アッ、アン・・・、こんなのだめよ・・・」
「静江さんのオマンコだってヌルヌルじゃないか。早く終わらせるから。」

きっと、上半身は服を着たままで裸の下半身だけが繋がっている2人の姿は、快楽のみを求めている雄と雌そのものだったことでしょう。

細田さんの腰のスライドが、大きくなってきます。
「ウッ、ア、ア・・・、早くいって!!」

ヌチュ、ヌチュ、二人の繋がった部分から淫靡な音が聞こえてきます。
「静江さん、いやらしい音がするね。感じているんだね。」
「アッ、アン、はずかしい・・・」

パンッ、パンッ、細田さんが激しく腰を打ち付けてきます。
「アッ、アン・・・、すごい!!」

私を抱きしめる細田さんの力が強くなります。私もそれに応えるように細田さんの背中にしがみつきました。

「アッ、ア、アッ、ア・・・、だめっ、いっちゃう!!」
「ウッ、いっ、いくよ・・・。」

細田さんの腰が押し付けられ、動きが止まりました。
「ウッ、ウッ、ハーハー・・・」

その声と同時に私の膣内のペニスが意識を持った生命体のように脈を打ち、精液が放たれました。私は、その液体が子宮に注がれるのを膣奥深くで感じていました。
一度だけでも男女の関係になってしまうと、身体は心とは関係なく反応してしまうのですね。そして、身体が反応してしまうと心まで奪われてしまうようで・・・。
少し悲しい気持ちになりました。

その時、家の前で車が止まりました。
そして、バックで駐車場に入ってくる音が聞こえてきました。

「あっ、まずい。」
細田さんは、まだ大きさを保っているペニスを引き抜き、私にパンティーとパンストを渡すと、トイレに行って履くようにと言いました。
私は、膣内に留まっている精液を気にしながら、トイレに逃げ込みました。

「ただいま~~。」
玄関から由紀子さんの声が聞こえてきました。

「遅かったじゃないか。」
細田さんの声です。何とかズボンは履いたようです。

「だって、私のお気に入りのアイスクリームがないから、遠い店まで行っちゃったのよ。」
由紀子さん、気付いていないようです。

あっ、垂れてきた。
匂い大丈夫かしら。
でも、いきなり脱がされて、しかも中出しとは、細田さん無責任すぎます。今日は安全日だったから任せていましたけれど。
これからのことは、まだ分かりませんが、少しくらい反省してもらわないといけませんね。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。